飢餓をゼロに

The Legal Protection of Plant Genetic Resources and Related Plant Breeders’ Rights Application in Egypt: Confronting Multinational Seed Companies’ Practices
  • 法学府 法政理論専攻
  • 02 飢餓をゼロに
  • 03 すべての人に健康と福祉を
  • 08 働きがいも経済成長も
  • 12 つくる責任つかう責任
  • 15 陸の豊かさも守ろう

Protecting our Plant Genetic Resources (PGRs) is a priority to protect our food resources, all the fields need to cooperate together in order to make a strong protective system for these resources. Le [...]

側根の形態形成の窒素栄養応答に関わるシロイヌナズナ新規因子、SORFC03の機能解析
  • システム生命科学府 システム生命科学専攻
  • 02 飢餓をゼロに
  • 15 陸の豊かさも守ろう

植物は土壌中の窒素源を効率的に利用するため、窒素栄養環境の変動に応じて根の形態を変化させる。本研究のモデル植物であるシロイヌナズナを含む双子葉類の根は、一本の主根とそこから分岐する多数の側根から成るが、高窒素環境下では側根の発達を抑制し、余ったエネルギーを他の器官の形成にまわす。この応答に関わる窒素応答性の遺伝子、SORFC03が私の研究対象である。SORFC03は高窒素環境下で根において転写が促 [...]

MD&Aにおける将来志向情報の有用性
  • 経済学府 経済システム専攻
  • 01 貧困をなくそう
  • 02 飢餓をゼロに
  • 03 すべての人に健康と福祉を
  • 04 質の高い教育をみんなに
  • 05 ジェンダー平等を実現しよう
  • 16 平和と公正をすべての人に
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう

従来、会計学においては会計数値を用いた分析が主流であったが、企業の開示書類には財務諸表などの会計数値だけでなく、「経営者による討議と分析(management discussion and analysis: MD&A)」が収録されている。このMD&Aは文字による記述情報であるが、それがどの程度、財務情報(業績情報)を補完し、投資意思決定などに有用であるのかは十分に解明されていない [...]

アクティブ可食コーティングによる青果物の鮮度保持:天然抗菌成分の抗菌持続性制御
  • 生物資源環境科学府 環境農学専攻
  • 02 飢餓をゼロに
  • 12 つくる責任つかう責任
  • 14 海の豊かさを守ろう

本研究では,骨格素材としてゼラチンやデンプン等のポリマーを利用し,これにガス・水分透過性や微生物増殖を制御する油脂や精油成分等を組み合わせて添加することで機能性を付加し,青果物の貯蔵・流通中の品質保持を可能にする持続的な抗菌効果を持つ可食コーティング新素材の開発を行う.各種素材が構成する複雑な微細空間マトリックスの構造と,それが抗菌成分の挙動や青果物の貯蔵性にどう影響しているかを知ることが本研究の [...]

先進国における非工業的産業の商材の流通法則 九州地方におけるジビエの流通網を事例に
  • 地球社会統合科学府 地球社会統合科学専攻
  • 02 飢餓をゼロに
  • 09 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 15 陸の豊かさも守ろう

日本では、野生動物捕獲の本格化に伴って生じる捕殺個体を食肉(ジビエ)として利用しようとする動きが生じている。しかし、現状では黒字経営ができているジビエ食肉処理施設は僅かである。施設の経営が圧迫される要因には過剰在庫の問題が指摘されており、過剰在庫が生じる1要因として流通基盤の未整備が指摘されている。流通基盤の整備にはジビエ産業の立地に関する知見が重要であるが、ジビエの商材としての特性は既存の工業的 [...]

Soybean growth, selenium absorption, and sensitivity to high-level selenium are affected by phytohormones
  • 生物資源環境科学府 生命機能科学専攻
  • 02 飢餓をゼロに
  • 03 すべての人に健康と福祉を
  • 15 陸の豊かさも守ろう

Selenium (Se) is a structural component of several important enzymes and proteins that play important roles in human health, including immune responses and cancer prevention. The safety threshold of h [...]

イチゴにおける転流機構と群落不均一性に基づく収量構成情報の変動・分布の高精度予測
  • 生物資源環境科学府 環境農学専攻
  • 02 飢餓をゼロに
  • 13 気候変動に具体的な対策を

高収益かつ安定的な作物生産の実現のためには,環境制御や栽培管理における生産者の意思決定を支援する動的な収量予測が必要である.果菜類においては,ソース(葉)からシンク(果実)へと光合成産物を輸送・分配する「転流機構」に基づいたプロセスモデル(転流プロセスモデル)が動的かつ汎用性の高い収量予測技術として期待されている.本研究では,イチゴを対象に,機能的-構造的植物モデル(FSPM)を局所的に用いた転流 [...]

黒毛和種の表現型に影響を及ぼすエピジェネティックな分子機構の解明
  • 生物資源環境科学府 資源生物科学専攻
  • 02 飢餓をゼロに
  • 09 産業と技術革新の基盤をつくろう

持続的かつ効率的な和牛生産には、大量の輸入穀物肥育を前提としない新飼養システムの構築が必要である。私は、生物の潜在能力を効率的に引き出し、生産性や肥育効率を向上させる新技術を開発したいと考え研究に励んでいる。胎仔期や初期成長期の飼養環境はその後の表現型に影響すると報告されているが、そのメカニズムは未解明である。本研究は、和牛の表現型に影響を及ぼすエピジェネティックな分子機構の解明を目的としている。 [...]