気候変動に具体的な対策を

Slip Flow and Capillary Evaporation in Graphene Nanochannels
  • 工学府 航空宇宙工学専攻
  • 07 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 13 気候変動に具体的な対策を

The 2D flow model usually over-predicts the capillary flow rate by several times and the slip length acquired using this model will be inaccurate. In our work, we develop a 3D capillary flow model tha [...]

Optimization of the sunspace envelope on the Qinghai-Tibet Plateau based on the heating process
  • 人間環境学府 空間システム専攻
  • 07 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 13 気候変動に具体的な対策を

Sunspaces are proved to be an effective passive design method to improve comfort and reducing energy consumption. Qinghai-Tibet Plateau has a long heating period and extremely abundant solar radiation [...]

借上型仮設住宅入居者の住宅再建過程に関する研究
  • 芸術工学府 デザインストラテジー専攻
  • 03 すべての人に健康と福祉を
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 13 気候変動に具体的な対策を

本研究は、熊本地震後の仮設住宅居住世帯の移動および近隣交流の変化を明らかにするものである。特に、借上型仮設住宅と呼ばれる、民間の空き賃貸住宅を仮設住宅として供与する方式については、①被災地からの人口流出、②被災者の孤立、等が懸念されている。熊本地震におけるこれらの問題の発生状況を、統計調査の分析および被災者および行政担当者に対するヒアリング調査から明らかにし、事前復興としての仮設住宅供与計画の提案 [...]

AIによる洪水リスク評価と緊急避難システムの研究
  • 工学府 土木工学専攻
  • 03 すべての人に健康と福祉を
  • 09 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 13 気候変動に具体的な対策を

 洪水は、高い突発性、高い類度、広い範囲をカバーする一般的な自然災害である。洪水とそれに関連する影響は、人命に大きな損失をもたらすだけでなく、地域の発展を阻害する。洪水を完全に防ぐことは不可能であるが、危険な状況から人々を避難させることは、被害者を減らすための効率的な取り組みである。 避難に関する研究は約50年前にさかのぼり、現在でも重要な安全研究分野の一つである。 緊急避難の場合、計画性のないラ [...]

Performance Assessment of Tire-derived Geomaterials in Marine Landfill Application
  • 工学府 建設システム工学専攻
  • 13 気候変動に具体的な対策を

In the marine landfill sites, alluvium clay layer is mainly used as the impermeable layer at the bottom of the site. The protection of alluvium clay layer and improving drainage performance during was [...]

電離圏動的過程を取り入れた磁気圏―電離圏結合系アルゴリズム開発
  • 理学府 地球惑星科学専攻
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 13 気候変動に具体的な対策を

太陽風のエネルギーを元に発動する磁気圏の諸現象は、急激な構造変化を生み出し、それは即座に磁気圏-電離圏(M-I)結合系を通り、電離圏へと投影される。一方、電離圏は磁気圏から伝達されたエネルギーを消費するだけで磁気圏に働きかけることはないという認知が一般的であったが、近年それは間違いであるという指摘がある。そこで本研究では、電離圏の能動的過程に適応した新たなM-I結合アルゴリズムを開発・導入し、電離 [...]

核融合原型炉システムにおけるトリチウム移⾏挙動に関する研究
  • 総合理工学府 総合理工学専攻
  • 07 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 09 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 13 気候変動に具体的な対策を

次世代のエネルギー源として、世界的なエネルギー需要の高騰とエネルギー環境問題を同時に解決することが、DT核融合炉には求められている。燃料となるトリチウムは天然量が少なく且つ放射性物質であることから、炉の連続運転を行うための持続的で安全なトリチウム燃料サイクルの確立が工学上とても重要となる。本研究では、将来の原型炉におけるトリチウム移行をシミュレーションすることで、各システムにおけるトリチウムマスバ [...]

セルロースナノファイバーの 界面アーキテクトニクスによる新奇表面機能の創出
  • 生物資源環境科学府 環境農学専攻
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 14 海の豊かさを守ろう
  • 15 陸の豊かさも守ろう

生物は微小な構成単位を集合させることによって材料を成し、集合構造に起因した優れた機能を創発させる。このプロセスは常温常圧、水系といった極めて温和な環境下で達成されることから、持続可能な社会の実現に向けて大きな注目を集めている。一方で、繊維状の物質は互いに絡まりあうため、複雑な構造を構築することが困難であった。本研究では、集合構造化の場として流体界面に着目し、ナノ繊維の緻密な構造化を通し、集合構造か [...]