RESEARCH MIRAI-SDGs研究一覧

熱に晒されたヒヨコの脾臓における細胞機能を調節するためのニューロペプチドYの機能的メカニズムに関する研究
  • 生物資源環境科学府 資源生物科学専攻
  • 03 すべての人に健康と福祉を
  • 13 気候変動に具体的な対策を

養鶏業において、地球温暖化による高温環境が鶏に熱ストレスを与え、鶏の生産低下が問題となっている。ヒヨコの脳に神経ペプチドY(NPY)を注射した際、暑熱下におけるヒヨコの脾臓の細胞熱ストレスや酸化ストレスが低下した。更にヒヨコの脾臓において、NPY-Y4受容体の発現を確認し、暑熱下においてその発現量が増加した。中枢NPYがどの経路を介して脾臓に作用し熱ストレス、酸化ストレスを減少させ免疫調節を行なっ [...]